略歴

名前    尾内 隆行

2001年 京都大学 農学部 卒業

2003年 京都大学 大学院医学研究科修士課程 修了

2006年 京都大学 大学院医学研究科博士課程 修了

2006年ー2011年 

カリフォルニア大学サンディエゴ校 スクリプツ海洋学研究所 研究員

2011年ー2017年 理化学研究所 研究員

2017年ー現在 

福井大学 学術研究院医学系部門 形態機能医科学講座 解剖学分野 助教


募集 下記の内容にご興味がある方はtonai at u-fukui.ac.jp (atを@に変えてください)までご連絡ください.

1: 現在物理学が専門の方で、胚形態に関する時空間の次元を全く新しい視点で研究していただける方との共同研究を考えています. この研究では、胚発生において、古くに進化した時空と系統ごとに更新される時空を考察すること、また4次元時空認識が主流な発生場に疑問を投げかけることで、新たな時空を探索し、進化的新規形質が生まれる環境を見つけることが目標となります.


2: 私の研究テーマを一緒に研究していただける研究員、博士課程の大学院生を随時募集しています. 主として脊椎動物頭部の進化を対象としていますが、ご提案次第では自分のやりたいことをしていただいても大歓迎です. 研究員の場合は、JSPSの特別研究員制度での参加が可能です. 

研究テーマの例

1. 頭部分節性

2. 迷走神経の起源

3. 体節の起源

4. 頭部解剖要素の相互規定と進化可能性:頭蓋可動性など

5. 頭部神経堤細胞と頭部中胚葉から探る神経頭蓋の進化

©︎ Takayuki Onai